FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Tetsuko

Author:Tetsuko
バイクや車で日本中を旅し、中米にも住み着き、やっと終の棲家(になるのか?)を見つけました。
子どもも若者もお年寄りもわんこも、みんながふらっと来てふらっと帰っていくような場所を自分たちの手で作りたい!とプロジェクトK(古民家再生プロジェクト)を立ち上げました。
しろうと集団でどこまでできるか???がんばります!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

第14回古民家作業その1

2018.12.09 14:44|未分類
11月はじめの三連休、第14回古民家作業が行われた。
一日目は午後から作業開始。
タケちゃんは二日目から、タッキー親方は14時ころの到着との連絡を受けていたが、頼みの綱の木組舎さんが来ない!
今回は少なめのメンバーで、初日の午前中から参加メンバー全員が到着したのに、専門家チームがいないため、何をどうしていいのやら・・・。
とりあえず押し入れの片付けからかぁ?と言っているところに、木組舎さん到着。
よかった~。
いつもラテン時間(きっちり時間通りにははじまらない)のこの作業。今回もみんなまだだろうと思い、ゆっくり現れたらしい。
う~ん、さすが、唯一全回参加の木組舎さん、よーくみんなの動向を知っていらっしゃる。
そんなこんなで、まずは撤去される押し入れの片付けから始まり、土間と押し入れの間の壁を破壊することに。
DSC_3220_320.jpg
    DSC_3226_320.jpg
         DSC_3227_320.jpg

そうこうしているうちにタッキー親方と今後お世話になる電気屋さんも到着。
キッチンはこの家に似つかわしくないIHなので、電圧を100Vから200Vに変えなければならなかったり、現在20A の契約を変えなければならなかったり、そんな電化生活をしても昔ながらの陶器の碍子は残したかったり・・・などなど、これからの電気工事のことをご相談させていただく。
DSC_3225_320.jpg
    DSC_3232_320.jpg
        DSC_3229_320.jpg

そして、破壊の専門家により、あっという間に土間から男子部屋、奥のプライベートルーム(になる予定)まで遮るものがなくなった。
        DSC_3228_400.jpg

夕方には、出張で木曽に仕事に来ていた薪部長さんがお土産を持って遊びに来てくれた…というより、わずかのの時間も目いっぱい働いていただいた。
元、押し入れの下の昔むろだったらしいこの場所に土などを埋め均す作業をするきんどさんと薪部長さん。
DSC_3231_320.jpg
        DSC_3233_320.jpg

今回の「頑張ったで賞」は、賄いのこの方、かげっちゃん!
いろいろなところから呼ばれ、賄いとしてはあまり戦力にならない私なので、かげっちゃんがほぼ一人で頑張ってくれた。
        DSC_3255_400.jpg
もう一つ、いつも、お酒は飲まず、お茶だけの光井博士に梅酒を飲ませた!
        DSC_3242_400.jpg
恐るべし、かげつパワー!
しか~し、アネゴやゲロちゃんがいない宴会の夜、お開きは早かった・・・
スポンサーサイト