09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Tetsuko

Author:Tetsuko
バイクや車で日本中を旅し、中米にも住み着き、やっと終の棲家(になるのか?)を見つけました。
子どもも若者もお年寄りもわんこも、みんながふらっと来てふらっと帰っていくような場所を自分たちの手で作りたい!とプロジェクトK(古民家再生プロジェクト)を立ち上げました。
しろうと集団でどこまでできるか???がんばります!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回古民家作業(その1)

2017.01.22 16:57|プロジェクトK
2016年10月8,9,10日に第6回の作業を行った後、次は春まで待つのか思い切って冬に行うか・・・タッキー棟梁と話し合った結果、1月の初めくらいならドカ雪もないんではないか・・・ということになり、思い切って冬の作業を行うことにした。
雪はあまり降らない伊那谷も、気温は下がる。去年は室内でもマイナス13度を経験している。
DSC_1693_256.jpgDSC_1695_256.jpg

バイクで杖突峠は無理だろう。
トイレの水が凍って出ないのはどうするか。
水道から氷水は出てもお湯なんか出ないのに、賄いができるのか。

などなど、不安材料は山積みだった。事前に情報提供して不安な人は止めるよう勧めるということで、いちかばちかの1月7,8,9日に設定。
来れる人だけでこじんまりできることだけやれればいい…というスタンスだった。

と~ころが、こちらの思惑とは裏腹にすぐに参加希望者は定員に達し、キャンセル者はほぼいない・・・というより逆にキャンセル待ちが出るという嬉しい(?)事態に。

そして初日、午後からの作業開始予定に皆珍しく早々と集結。
この場がラテン時間であるということを知ってしまったタッキー棟梁以外はお昼前に到着し、長崎名物かんころ餅を焼いて食べながらタッキー棟梁を待つことになる。
DSC_1701_256.jpgDSC_1716_256.jpg

タッキー棟梁が到着し、本日の予定と作業内容の打ち合わせ。
         DSC_1735_400.jpg
それぞれの部署に分かれ、作業開始。

今回もシステムバス主任は木組舎さん。ヤチさんとともに、システムバス作成に奮闘。
前回足りなかったシステムバスの部品は、犬友の協力により注文し、届けてもらっていたから、今度こそ完成したお風呂が見られるか…と期待が高まる。
DSC_1776_256.jpgDSC_1738_256.jpg

光井博士と若者二人の身軽なチームはタケちゃんが切ってくれた板を屋根下の隙間に貼っていく作業。
DSC_1787_320.jpgDSC_1808_320.jpg

酩酊研さん、きんどさん、じっけんくん、新人のJOEさんに任された仕事は、この家のシンボルツリーで薪部長さんが伐採してくれた杉の木を滑らかにしてテーブルにする準備。
DSC_1767_320.jpgDSC_1775_320.jpg
         DSC_1792_320.jpg
イタチョー総監督も挑戦するが・・・
見よ!本職タッキーの楽しそうな顔!
         
結局、最後は「俺がやってこようか・・・」というタッキーの一言で、タッキートラックに載せられることとなる。
         DSC_1806_320.jpg

タッキー、タケちゃんは床貼り中心に緻密な作業を。
塩ビ管をあぶってのばすあぶりという作業をやるタッキーと屋根下の隙間に埋めていく木を切るタケちゃん。
DSC_1766_320.jpgDSC_1794_320.jpg

三分の一日くらいだった初日だったが、思いのほか作業は進み、いつものように温泉、宴会と突入する。
         DSC_1826_320.jpg
酔いも回ったころ、イタチョーから新計画が発表される。
みんな!歌は好きかい?」
「はあ~っ!?何を急に!?」という空気が流れる。
「古民家合唱団を作りたいんだ!初日と中日にみんなで歌を歌う!」
皆、突然の提案になんと答えていいかわからず、
「いよいよ変な宗教かと疑われるよ~」
チ~ン!

しかし、今回初参加のトキオ君はケルト音楽をやるということで、笛を何本か持ってきており、演奏してくれた。
そして、古民家に転がっていたアコーディオンまで即興で弾いてくれたのだ。
火を焚きながら酒を飲みながらの生演奏にみんな感動した。
DSC_1831_320.jpgDSC_1832_320.jpg
こうして暖かいお酒とおでんと音楽の夜は更けていった。
         DSC_1723_320.jpg

イタチョー、まだあきらめるのは早い!
皆が音楽は好きだということは分かったのだから。

                その2に続く
スポンサーサイト

コメント

御意!

怪しい宗教に間違えられない方法を考えてみましょう。

お世話になりました

ガテン系のつもりだったんですが、知らない間にラテン系になってしまいました・・・汗

皆さんをお待たせしちゃってスミマセンでした!
ホントはもっと早く到着する予定だったんですけどね・・・

あねごの為になる講話&トキオ君のアコーディオンも聞けなかったのが残念無念!
その2楽しみにしてます

イタチョー殿

あきらめずに説得しましょう!

タッキー殿

いいんですよ~。
今回、なぜか珍しくみんなが早かっただけですから~。
ここはラテン時間~。
アネゴの講和もトキオ君の演奏もまたきっと聞けると思いますよ~。
いろいろありがとうございました。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。