FC2ブログ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Tetsuko

Author:Tetsuko
バイクや車で日本中を旅し、中米にも住み着き、やっと終の棲家(になるのか?)を見つけました。
子どもも若者もお年寄りもわんこも、みんながふらっと来てふらっと帰っていくような場所を自分たちの手で作りたい!とプロジェクトK(古民家再生プロジェクト)を立ち上げました。
しろうと集団でどこまでできるか???がんばります!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

第7回古民家作業(その2)

2017.01.30 16:01|プロジェクトK
二日めの朝は火をおこしてお湯を沸かすことから始まる。
外トイレがすべて凍っているためお湯を流して溶かさねばならない。
         DSC_1837_320.jpg

あったかい豚汁の朝食タイム。
         DSC_1846_320.jpg

自宅までテーブル用の木材を持って帰ってくれたタッキーが到着。
前日、何人もが半日がかりで頑張った木の表面が、なんとベーコンスライスのようにペラりと削られ、つるつるになって帰ってきた。
さすが、プロ!皆、プロの技に敬服。
テルオのテのはんこまで押されている。・・・と思ったら、そうではなく久マークらしい。
でもみんなで頑張ったことが大事。このプロジェクトKのテーマはプロやセミプロの教えを受けながらみんなの力でやることだから。
DSC_1873_320.jpg
     DSC_1876_320.jpg
         DSC_1874_320.jpg

この日は、昨日に引き続き、床に断熱材を入れ床板を張る作業に頑張る若者チーム。
         DSC_1910_320.jpg
濡れたタオルがバットに変身する寒さの中、外では土壁を壊したときに出た木舞(土壁の骨組みの竹)などが混じった土をふるうという地味~な作業をする面々。
この古~い土を、壊れかかった蔵の壁の補修に使う予定である。
DSC_1880_320.jpg
   DSC_1866_320.jpg
      DSC_1885_320.jpg
         DSC_1851_320.jpg

こちらは外壁の下の隙間を埋める作業。
ベストツルハシニスト2017を狙うゲロ熊さん。
DSC_1922_320.jpg
        DSC_1896_320.jpg

お昼頃、はるばる奈良から薪部長さんが到着。
木の剪定などに大活躍。
         DSC_1902_320.jpg

入れ替わりに若者チームが帰って行った頃、恐れていた雪が降りだし、見る見るうちに積もっていった。
         DSC_1953_320.jpg
「とうとう、来たなぁ・・・。」
         DSC_1972_320.jpg

この日帰る予定のヤチさんはお風呂場に住んでしまいそうな勢いでシステムバス組み立てに専心していたが、早く帰ったほうがいいとみんなから急かされ、アネゴとともにいそいそと帰って行った。
高速は事故もあり大渋滞で帰宅は深夜だったとか。
DSC_1929_320.jpg
         DSC_1977_320.jpg

この日、帰ったアネゴに変わり、酩酊研さんが賄い班に加わってくれ、おいしい鍋を作ってくれた。
        DSC_1993_320.jpg
シシャモを焼くよしえさん。
        DSC_2012_320.jpg
そしてこの日も宴会に突入するのであった。
DSC_2001_320.jpg
         DSC_2009_320.jpg

               (その3に続く)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント