09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Tetsuko

Author:Tetsuko
バイクや車で日本中を旅し、中米にも住み着き、やっと終の棲家(になるのか?)を見つけました。
子どもも若者もお年寄りもわんこも、みんながふらっと来てふらっと帰っていくような場所を自分たちの手で作りたい!とプロジェクトK(古民家再生プロジェクト)を立ち上げました。
しろうと集団でどこまでできるか???がんばります!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエルカの薪ストーブ

2017.09.12 12:06|プロジェクトK
何軒も薪ストーブやさんがある伊那は薪ストーブのメッカである。
古民家には薪ストーブを付けるというのはだいぶ前から決めていたので、ゆるゆると事前調査はしていた。
しか~し、これだ!と思うものにはなかなか行き当らない。
近くのDLDという薪ストーブやを見に行った時には、中に入るのもためらわれるくらい、貧乏人はお呼びでないな…という気がした。
いろいろな人に話を聞くうち、何人かの人から、中川村に住んでいるイエルカの薪ストーブがいいという情報が。

2月の寒い日、やっぱり薪ストーブ計画を練っていてイエルカのストーブに興味ありありのY女史を誘って、中川村のイエルカ氏を訪ねた。
最近、グーグルナビに頼りっきりの私は、グーグルさんの言う通りの道で向かったのだが、途中どんどん道は狭くなり、雪も深くなる。Y女史の車が四駆だから先へは進めているものの、とうとう電波も来なくなり、グーグルさんもお手上げ状態に。渋滞情報など、すぐに把握していい道を教えてくれるグーグルさんだが、雪道情報までは把握していないらしい。
ほんとにこの道がつながっているのか、私たちはどこに向かっているのか不安になり、Uターンもままならない道をどうにかこうにかUターン。ひたすら道を下に下に下り、国道まで出て、正規のルート(?)でやっとたどりついた。

遭難しかかった私たちを心配して、やさしいイエルカさんが下の道まで迎えに出てくれていた。
チェコ人のイエルカさんと日本人の奥様の家は周りには何もない山の中の一軒家。
世界を旅して、日本にたどり着き、そしてこの家にたどり着いたという家は築140年の江戸時代の古民家。
        0020_xlarge_400.jpg

早速、外の作業場でストーブを見せてもらう。
0010_xlarge_320.jpg
0009_xlarge_320.jpg


家の中は大きな梁と、大きな神棚と、大きな囲炉裏が印象的ながっちりした古民家。
こんな古民家こそ、これからもずっと残していかなきゃいけない古民家だなと思う。安普請でできた、傾いた高遠古民家と比べるとちょっと悲しくなるが、あれはあれでいい・・・と無理やり思う。
0029_xlarge_320.jpg
      0044_xlarge_320.jpg
居間には、イエルカのストーブの中では一番大きい「大梅」が真ん中にどんと据えてあり、あったかい。
寝室には「小桃」。
0049_xlarge_320.jpg
      0035_xlarge_320.jpg

二階は織物作家の奥様の仕事場だが、煙突の熱だけでかなり暖かいと言う。
0071_xlarge_320.jpg
      0073_xlarge_320.jpg

奥様が薪ストーブのオーブンで作ってくれた美味しい焼きリンゴとコーヒーを戴きながら、どのストーブがいいのか、どこに設置したらいいのかご相談。
0048_xlarge_320.jpg
    0058_xlarge_320.jpg
        0063_xlarge_320.jpg


先日、注文したストーブがが出来上がったという連絡があり、またまたタッキーさんにも出動いただき、受け取りに。
あの2月の寒い日と比べると、別世界だが、もうそろそろストーブに火を入れようと思っていると言う。
信州の夏は短い。
      DSC_2837_400.jpg

ウチの狭い居間に置くことを考えて悩んだ挙句「くぬぎ」に決定。
      DSC_2836_400.jpg
イエルカさんがパワーリフターで載せてくれたので積み込みはラクチン。
    DSC_2844_320.jpg
        DSC_2853_320.jpg
下すのは大学生の助っ人を頼み、無事下し、今のところ畳の上に鎮座している。

「また、ムスメが嫁に行くな~。かわいがってね~。」というイエルカさんはとってもかわいい人。
人生の先輩だけれど。

ストーブというモノを買う のではなく、イエルカさんのあったかさをわけてもらった ・・・そんな気がして、あったかい気持ちになった午後だった。
スポンサーサイト

コメント

おぉ~~!!

ほんの半年前なのになんだか懐かしい感じの写真・・・
短い伊那谷の夏も過ぎて、もうすぐまた雪の季節が・・・笑

あの時遭難してたんですか・・・ww
ちっとも来ないので、みんなで心配してました・・・
イエルカさんちは携帯も圏外だし、連絡の取りようが無くて慌てるったら~~


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。