06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Tetsuko

Author:Tetsuko
バイクや車で日本中を旅し、中米にも住み着き、やっと終の棲家(になるのか?)を見つけました。
子どもも若者もお年寄りもわんこも、みんながふらっと来てふらっと帰っていくような場所を自分たちの手で作りたい!とプロジェクトK(古民家再生プロジェクト)を立ち上げました。
しろうと集団でどこまでできるか???がんばります!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11回古民家作業 その1

2018.01.20 22:18|プロジェクトK
 伊那谷にまた厳しい冬がやってきた。
 積雪はあまりないものの、気温が低いので一度雪が降るとなかなか解けない。道路は確実に凍結するため、作業は春まで無理という意見もあったが、1月の初めくらいなら何とかなるんじゃないか、安全に来られる人に限るという募集ならいいんじゃないか、そしてこの時期しか来られない人もいるんじゃないか・・・ということで、1月7、8、9日の3連休に決行した。
 JINGさんが前回トイレの水道用のヒーターの電源を引いてくれていたので、これまでトイレは凍結なしで快適に使えていた。
 外水道は日が暮れたら凍り始めるので、鍋やヤカンに目いっぱい水をキープして止水栓を止め水抜きするのが常なのだが、前夜やって来た総監督、「ちょろちょろ出しておけばいいんじゃない?」と水抜きをしなかった。しかも、水道代節約のため、限りなく細ーくして。
 朝、起きたら、外水道は、立ち上がった水道管からすべて凍結し、水は出ない。
 その上、安心していたトイレの水も凍結し全く流れない。
 しかし、出るものは出るわけで、トイレを使用してしまう。鍋の水を2杯流してもスッキリ流れない。
 ポットのお湯を外水道にかけて溶かそうとするがなかなか溶けない。
 キープしておいた水はもう残り少ない。
 早朝到着したヤチさんも巻き込んで、作戦会議。
 ヤチさんはこの道路側の凍った排水を取ってきて溶かすと言う。
                IMG_3419_400.jpg
 「いや~、それは最終手段でしょう~。」
 そこで、突然、 鏡ない?」と言い出したのは総監督。
 「いや~、この家には鏡はない・・・」と言いかけて、目に入ったのは外水道の前にほったらかされていたレトロ鏡台。
 なんと、総監督、太陽の光を鏡で反射させ、水道管に当てる作戦に出た!
(左端、洗濯機の上に立ち上がっているのが凍った水道管。太陽光が当たっているところだけ白く写っている)
      DSC_0550_400.jpg
その結果、凍っていた水道管はみるみる暖かくなり、十数分後には・・・
      DSC_0552_400.jpg
来た~!水が来た~!」
アフリカで井戸を掘り、やっと水が手に入った時の人々の気持ち!
初日一番の仕事はこの水の開通であった。

続々とメンバーが集まり始め、午後から作業開始。
木組舎さんの最初の仕事は、トイレの水問題。
ヒーターを取り付けて凍らないはずだったトイレの水がなぜ凍ったか?
すぐに答えは出た。
トイレのために増設したブレーカーがなぜか落ちていた!
ブレーカーを戻すと、ヒーターが機能し、やがて水は溶け、流れた!
「トイレの水が流れるって、なんてすばらしいことなんだ!」と、初めて水洗トイレを経験した昭和時代の人々の気持ち!

他のメンバーは、山と積まれた、この家を壊したときに出た廃材を薪にする作業。
DSC_0556_320.jpg
    DSC_0555_320.jpg
        DSC_0557_320.jpg

そして蔵の前に山積みになっていた、母屋の土壁を壊した時に出た土を、私が掘ったプールに移動する作業。
DSC_0561_320.jpg
   DSC_0562_320.jpg
      DSC_0567_320.jpg
         DSC_0565_320.jpg
この過酷な作業は二日目も続いた。
DSC_0595_320.jpg
    DSC_0602_320.jpg
        DSC_0604_320.jpg

 そして今回賄いをかって出てくれた酩酊研さんは立川で「酩酊学研究所」という、小料理屋さんを営むプロの料理人。
 いつもの古民家賄いでは絶対に出ない「みそ漬け鮭のハラス、ゆず風味」を自宅から仕込んでくれて来ており、それを薪ストーブのオーブンで焼くというおしゃれな一品。
 タッキー家自家製の野沢菜をおにぎりに巻くというこれもいつもの賄いなら絶対に出ないひと手間かけた一品。
 そしてスーパーで買ったおでん具材をぶっこむだけの私の手抜きの一品。
 DSC_0582_320.jpg
    DSC_0580_320.jpg
        DSC_0587_320.jpg

「ちくわぶはありかなしか?」 など、東西おでん談義で盛り上がり、楽しい夜は更けた。       
    DSC_0583_400.jpg

            (その2に続く)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。